ファイル共有を始めよう|どのデバイスからもアクセスできる

PC

IT機器の管理に特化

サラリーマン

WEB上のサービスを提供している企業はIT機器を自社で管理することが当たり前だったのですが、データセンターを利用すれば安全なセキュリティを保てるというメリットがあります。

»詳しく見る

メールに代わる共有方法

大切なデータが破損してしまったら、プロに依頼するようにしましょう。評判のデータ復旧業者がこちらで紹介されていますよ。

オフィスレディ

会社内では業務を円滑にするために専用のサーバーを置いてファイル共有ができるように、体制を整えていました。しかし、社内間ではスムーズに資料の共有ができても、社外の取引先に資料を共有する場合、あらかじめ持参するデータをデバイスにダウンロードするなどの手間がかかっていました。会社内の重要な資料をもって外に出るとセキュリティの面でも不安が残りますし、デバイスにダウンロードしても外に出ている間に新しく更新されたら、最新のデータを提供できません。実は最近、企業間のファイル共有ができるシステムが注目を集めていて、多くの企業で導入されています。ネットのクラウドサービスを利用しながらファイルの確認ができるので、時間や場所に関係なくいつでも必要な資料を共有できるのです。

ネット上でファイル共有を行なう利点はいくつかあります。第一に取引先とのやり取りが今までよりも簡単になります。今までは取引に必要な資料をメールで送る方法が最も簡単でしたが、サーバからの取り込みなどの手間がかかるので共有されるまでに時間がかかってしまいます。ところがネットなら社外の人も気軽にアクセスできるので、面倒な作業がなくなります。また、パソコンだけでなくタブレットのようなデバイスからもアクセスできるので、出張先の社員とファイル共有をするときも非常に役立ちます。ここで心配になることが、社外の人とやり取りをする上で情報がもれないかという点ですが、会社側で事前にパスワードの設定をしておけば重要なデータを取引先の人に見られる心配もありません。

業者を選ぶ基準

DVD

パソコンやハードディスクが破損するなどしてデータが消えてしまった場合、データ復旧業者に対応を依頼すると安心です。保証内容などを比較して適切な業者を選択しましょう。

»詳しく見る

手間とコストがかからない

サラリーマン

映像データの安全な保存、そして商品やサービスの宣伝に使用する動画などをDVDに残すなら、大量のダビングを短期間で行なえる専門のサービスを利用すると良いでしょう。

»詳しく見る